鳥羽磯部漁業協同組合

鳥羽磯部漁業協同組合 - JF TOBA ISOBE
〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽4-2360-16
TEL 0599-25-2328 FAX 0599-25-9080

MENU 
トップ >魚釣り等の禁止・堤防への立ち入り禁止

魚釣り等の禁止・堤防への立ち入り禁止のご案内

 

<新型コロナウイルス感染症による漁港利用についてのお願い>

三重県では、1都11県に発出された国の『緊急事態宣言』を受け、令和3年1月14日(木)に県独自の『三重県新型コロナウイルス「緊急警戒宣言」』が発出され、令和3年3月7日(日)まで延長されることになりました。
『三重県新型コロナウイルス「緊急警戒宣言」』では、「徹底した感染防止対策」「移動の自粛」による最大限の感染防止対策の徹底が求められており、県境を越える移動について、生活の維持に必要な場合を除き避けていただくことや、県内における移動についても、今その必要があるか、一度立ち止まって考えていただき、慎重な行動をお願いしているところです。
(参考:三重県新型コロナウイルス「緊急警戒宣言」)※外部リンク

今以上に感染者数が増加し、爆発的な感染拡大となることを食い止めるためには、今がまさに瀬戸際であり、高齢者比率が多く医療体制も脆弱な本市の漁村地域においては、より積極的に新型コロナウイルスの感染防止策に努める必要があります。 その一方で、漁業を主要産業のひとつとする本市には、漁業の活動拠点である漁港が13箇所あり、漁業活動の拠点として、日々新鮮な魚介類が水揚げされ、その新鮮な魚介類を多くの皆様に楽しんでいただいています。

国の『漁港漁場整備法』の目的にもあるように、漁港は、水産業の健全な発展及びこれらによる水産物の供給安定を図り、適正な維持管理のもとに漁村の振興に努めるため、漁業活動の拠点として行政が設置している公共施設であり、平時は、落下等の危険箇所や迷惑駐車やゴミの放置など、漁業活動に支障の出る事象を除き、漁港内への立入禁止等の措置をとってきていない状況にあります。

しかし、新型コロナウイルスが新たに蔓延してきている中で、緊急的な措置として、三重県独自の緊急警戒宣言期間である令和3年3月7日までの間、漁業関係者及び地元住民を除く外部からお越しのかたの漁港内への立入り、漁港内での魚釣り等について禁止とさせていただきます。
※なお、感染状況が早期に改善した場合は、期限を待たず解除いたします

新型コロナウイルスの世界的な蔓延が早期に終息し、皆様が安心して生活できる日が1日でも早期に来ることを願い、皆様のご理解ご協力をいただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

 なお、市内の漁港へは、次のような表示を掲示しています。

※三重県新型コロナウイルス感染症『緊急警戒宣言』発出に伴う漁港内啓発看板(PDF)

ページのトップへ戻る